2010年07月02日

段ボールに荷物を詰める

段ボールは19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハットの内側の汗を吸い取るために開発され、のちにアメリカにおいてガラス製品の包装に使用されたのが包装資材として利用されるようになった始まりであると言われている。電力会社管理ダム(でんりょくがいしゃかんりダム)は、水力発電を目的に全国9電力会社(北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力)及び電源開発、その他電気事業者が管理・運営しているダムである。段ボール原紙(だんボールげんし)は、段ボールシートに加工するための原紙。両方とも最初はロール紙の形をとっており、それをコルゲータにかけることによって両者を貼り合わせ、段ボールへと完成されてゆくのである。段ボールの原料となる紙。段ボール(だんボール)とは段ボール原紙を多層構造で強靭にし、包装資材などに使用できるよう加工した紙製品。
posted by える at 16:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。